« 家づくり:これまでの経緯(20):「あと1業者」から救いの手 | Main | 家づくり:これまでの経緯(22):土地の最終金の支払いと確認申請 »

家づくり:これまでの経緯(21):アルヒさんとの協議

アルヒさんに借入額の増額を相談した所、事前審査との内容が不利側に
変わると審査が厳しくなるので、審査通る確約できないと言われました。

「借りられる上限額より希望額は少ないですよね?」と粘りましたが通らず。
ん~ナゼ????(自分の無知ですが融通きかないのが辛いです)

色々と話合っていると「更なる金利優遇プラン(スーパーフラット)」の場合
審査期間が長引く可能性がある事が判明。今更。。
(フラット35不正利用事件あったから?)

長引くのは困ると伝えたら、「一般的なプラン(機構買取型)」を勧められ
ましたが、プランが変わる場合は、改めて事前審査からやり直す必要あり。
はぁ、、、今更。。。

腐っても仕方がないので、心を引き締めて進めました。
予算の検討を改めて検討して、借入額を増やした上で審査を依頼しました。

無事に事前審査は通過し、書類も揃ってたので本審査の提出しました。
結果は無事に審査通過。。あぁ良かった。焦りました。。

低予算の家づくりは常に気が抜けずに疲れます。

つづく

|

« 家づくり:これまでの経緯(20):「あと1業者」から救いの手 | Main | 家づくり:これまでの経緯(22):土地の最終金の支払いと確認申請 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家づくり:これまでの経緯(20):「あと1業者」から救いの手 | Main | 家づくり:これまでの経緯(22):土地の最終金の支払いと確認申請 »